So-net無料ブログ作成
検索選択

CMOS FET アンプ [立派な仕事]

真空管アンプを一日聴いて懐かしかったですが、音にはやっぱり限界があります。ピアノだけならまだいいけど、楽器が増えるととたんに定位が乱れてしまう。ピアノやドラムの音像がびろ~んと横に広がってしまう。楽器と楽器の間が不要な音で埋まっていく感じ。位相特性や振幅特性が左右でそろってないのでしょう。無帰還で成り行きで鳴ってるので仕方ありません。

入院中だったAVアンプは本日引き取ってきたのですが、元に戻す前にもうひとつ試してみたいやつがある。

15年ほど前に作ったC-MOS FETアンプを屋根裏部屋から引っ張り出してきた。確かこの回路は当時 onojii が見せてくれたバイポーラトランジスタPPアンプの回路を元に、自分なりに出力段をMOS FETに置き換えたものだ。FETのデータブック片手に秋葉原をうろつきながら路上で設計した記憶あり。

 

 上の回路は初期の原理図で、最終形は電源にもMOS FETを使って電源部と増幅部を同等に扱うとか、対称配置とか、左右+-独立電源とか、アマチュアならではの必要性無視のこだわりがありました。結構やるじゃん>昔のオレ。こいつに火を入れるのも久しぶり。しばらく通電してオフセット電圧やバイアス電流などテスターで当たってみると生きていそう。どの半固定が何の調整用なのか思い出すのに苦労しました。

それではとCDプレーヤとスピーカを接続して「展覧会の絵」などかけてみる。いけてます。ボリューム上げて聴くと艶が出て、スピーカーのけり返しに負けないように一所懸命駆動してるって感じ。定位も止まってるし、もやもや感が消えてアタックがはっきりしました。

もうちょっと聴き込んでみよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。