So-net無料ブログ作成

EOS Kiss Digital用 電子レリーズを作ろう [デジカメ]

天体写真を撮るとき、カメラのシャッターを直接押すとブレてしまうので、セルフタイマーを使ってました。でも、シャッターが下りるまで10秒待つのがまどろっこしいし、本来こういうときはレリーズを使うものでしょう。EOS Kiss Digital N は電子レリーズが使えます。定価2,500円で買えますが、かたばみ製作所としてはこの程度のものは作っちゃいましょう。

屋根裏部屋のジャンク箱を物色して使えそうな材料を発掘しました。昔のウォークマンのヘッドホンリモコンとΦ3.5mmをΦ2.5mmに変換するプラグ。

調べたところ電子レリーズの仕組みは簡単で、プラグの先っちょ(L)と根っこ(GND)を接続するとシャッター全押し、真ん中のリング(R)と根っこ(GND)を接続するとシャッター半押しになります。(開放時の電圧は3Vで1mAも引っ張ってやればenableのようです。)

 

中の基板はこんな感じ。配線をつなぎかえればなんとかなるでしょう。

  

まずは基板両面のパターンを追いかけて簡単に回路図をおこし、つなぎかえるべき場所を探す。で、右上が配線変更後の状態。日が暮れると半田付けが辛い。歳である。

  

ウォークマンリモコンの先っちょの電極が邪魔なのでニッパでちょん切ってΦ2.5mmの変換プラグを接続し、完成!

■(停止)ボタンがシャッター半押しでピントが合う。▲(再生)ボタンが全押しでシャッターが切れる。(REWボタンは押せないように加工しました。)

このリモコンは横にホールドスイッチがあるので、これを利用してbulbができたらかっこいいんですが、それは次への課題ということで。これから冬だし静電気対策もしておいたほうがいいかも。ツェナーはあるか? 日々是改善。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。